« 定期診察の日(38) | トップページ | 丹波町の琴滝 »

2011年8月 9日 (火)

二十四節気「立秋」2011

 8月8日は、二十四節気の一つ「立秋」でした。江戸時代の暦便覧には、「初めて秋の気立つがゆへなれば也」とあります。この日から立冬の前日までが秋です。暑中見舞いはこの前日までで、この日以降は残暑見舞いとなります。
 この「立秋」は、太陽の位置で決められたもので、夏至と秋分の調度中間になります。季節の移り変わりにより、決められたものではないため、実際の季節とは少し離れています。暑さは、この頃が最高となります。その年の最高気温は、たいてい立秋以降に記録されているようです。まだ暫くは、暑さが、残暑と名前を変え続くようです。

 さて、8月8日、京都府南部は、絹層雲や絹雲が広がりながらも、そこに積乱雲も同居するという、蒸し暑い一日となりました。今回も、「立秋」の日の木津川土手に、自転車でご案内しましょう。秋が、どれくらい発見できるでしょうか、楽しみです。持ち物は、標準ズーム一本と、野草図鑑です。野草図鑑の秋に出ていれば、「秋発見」ということにします。
 午後、自宅を出発。今回は南へ進み、田んぼ道を通り木津川土手を目指します。川が、城陽市付近で大きく曲がっているため、西へ進んでも南ヘ進んでも土手に出られます。
 最初の蓮田で、午後だというのに蓮の花が開いていました。蓮は夏の花です。残念。
 少し進むと、イチジク畑に案山子! これは間違いなく秋。最初の「秋」ゲットです。
  水の張られた田の畦にメヒシバ。メヒシバは図鑑によると秋です。秋の2枚目です。
Risshuu018 Risshuu028 Risshuu0188
 

 

  

   ガマの穂発見。期待して図鑑を見ると、残念、これは夏の項目に出ていました。
 20分程で木津川土手到着です。富野というところで土手に上がります。土手に上がる道です。坂の上の雲です。夏の雲か秋の雲か判定は微妙です。
 土手を500mほど進むと、木津川土手の大エノキです。捕虫網の青年、これは夏です。
Risshuu038_2 Risshuu068 Risshuu0148

 

 

   
    百日紅の花が咲いています。これも夏です。ここでUターン。今度は北へ向かい流れ橋を目指します。大エノキの近くで、セグロトンボが群れていました。トンボといえば秋ですが、セグロトンボは5月頃から飛んでいるし、判定は微妙。夏のような気が・・・。
Risshuu01_0126 Risshuu0288 Risshuu0188_2

 

 

  
    比叡山付近に湧きあがる雲。田を行く人。土手を行く人。すべて夏です。
Risshuu078 Risshuu088 Risshuu108

 

 

  
    上空のすじ雲を撮りました。これは、十分、秋の雰囲気です。エノコログサも秋です。
Risshuu01_012 Risshuu022 Risshuu0230

 

 

  
    流れ橋付近で休憩し、夕陽を待ちます。撮れた写真は、どう見ても夏の夕暮れです。入道雲、少し垂直に発達しすぎです。
Risshuu118 Risshuu128 Risshuu042

 

  

  
Risshuu138    これで、今日の「秋」探しは終了です。

  最後は、最近撮した写真です。古今和歌集の藤原敏行の歌に、  ~ 秋きぬと目にはさやかに見えねども風の音にぞおどろかれぬる ~ というのがあります。秋を見つけるなら、「風を撮す」ということで、いろいろ試してみました。ヒマワリもよく撮しました。
   では。また。
Risshuu0225Risshuu0127Risshuu044Risshuu011 Risshuu022s Risshuu0325b   

|

« 定期診察の日(38) | トップページ | 丹波町の琴滝 »

コメント

残暑お見舞いもうしあげます。
 この秋、霧が発生する頃に
是非、竹田城雲海の撮影にお越し下さい。

投稿: YAMAchan | 2011年8月10日 (水) 04時06分

 YAMAchanさん、残暑見舞いありがとうございます。
秋には、体調を整えて竹田城に挑戦してみます。
 では。また。

投稿: 墓石 | 2011年8月10日 (水) 09時56分

墓石さん おはようございます。(*^_^*)

木津川の散策で、素敵なアングルで隈なく紹介
して下さって、楽しんでいます。垂直の様な
雲、京都からの帰り、第2京阪から見えました。
竜巻か!とびっくりでした。

暑くて気力ナシです。ではまた。♪

投稿: T子 | 2011年8月11日 (木) 08時37分

 T子さん、ありがとうございます。
木津川土手にしか行かないので、毎回、同じような
写真になってしまいます。ちょっと限界に達してい
るような・・・・。
暑くて、体力も限界です。今日もクーラー生活です。

投稿: 墓石 | 2011年8月11日 (木) 10時08分

残暑お見舞いもうしあげます。
立秋をすぎてから猛烈に暑い日が続いていますが、
ホームページ・ブログを拝見するかぎり体調の方はまずまず……でしょうか。
組写真と盛夏の散歩を拝見しました。
撮りくちは冴えがあってファインダーを見る眼差しが想像できそうです。
写す対象に新たに息が吹き込まれた印象で素敵な絵ですね。
厳しい残暑ですが体調を崩されませんようご自愛くださいませ。

投稿: 徒然草 | 2011年8月15日 (月) 08時04分

徒然草さん、残暑見舞いありがとうございます。
毎日暑いです。今日の朝、雷雨があり、現在は
少し、しのぎやすいです。
写真を見ていただきありがとうございます。
木津川土手の散歩写真ばかりで、これといって
取り柄のない写真で申し訳ないです。
 では。ありがとうございました。

投稿: 墓石 | 2011年8月15日 (月) 10時12分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/522242/52431387

この記事へのトラックバック一覧です: 二十四節気「立秋」2011:

« 定期診察の日(38) | トップページ | 丹波町の琴滝 »