« クワイ栽培の人 | トップページ | なぜ日本人はとりあえず謝るのか »

2011年6月22日 (水)

二十四節気「夏至」2011

 6月22日は、二十四節気の「夏至」です。暦便覧には、「陽熱至極し、また日の長きのいたりなるを以て也」とあるそうです。
 この夏至の頃は、梅雨の時期と重なります。「梅雨」は、中国から伝来した言葉ですが、それ以前から日本には、「さつきあめ」、「さみだれ」、「つゆ」、「ながし」という言葉があったようです。今でも、「梅雨」を「ながし」とよぶ地方があるそうです。

 さて、最近城陽市内で撮った写真から紹介していきましょう。まず、木津川土手で、白い穂を風になびかせる「茅花」に出会いました。梅雨に入る前の5月頃、湿った南風(又は雨)のことを「つばな流し」というそうです。「ハナウド(?)」見つけました。土手下の田んぼの脇に、「ハナショウブ」が咲いていました。6月27~7月1日は、七十二候の「菖蒲華」(あやめはなさく)です。
Geshi059_2 Geshi049 Geshi0413
  

  

  

    土手の上から見ると、いたる所で栗の花が咲いています。栗の花が落ちる頃に梅雨入りするので、「栗花落」と書いて「つゆ」または、「つゆり」と読むそうです。栗花落(つゆり)さんという姓の方がおられるようです。昨年まで土手の工事が行われていた場所が、一面「ハルジオン」の花畑になりました。名前の分からない花にシジミチョウが止まっていました。
Geshi029 Geshi0217 Geshi039

  

  

   

     黄色い花も目立ちます。一枚目、オオマツヨイグサだと思います。二枚目もマツヨイグサ系の花だと思います。卯の花に蝶がきていました。
Geshi0119 Geshi0319 Geshi019

  

  

  

     城陽市特産の蓮も順調に成長しています。夕陽や朝日に輝く水草の水面は格別です。
Geshi0122 Geshi0313 Geshi0317b_3  

  

  

  

  

    雨の日、隣町の宇治田原町の林道に行きました。ここは、霧の中、卯の花が咲き乱れていました。梅雨入り前、卯の花を散らす雨のことを「卯の花腐し」(うのはなくたし)というそうですが、ここでは、梅雨の雨に花びらが散っていました。
Geshi01_0216 Geshi02_0216 Geshi0213

  

  

  

    梅雨の花と言えばアジサイですが、林道ではいたる所、霧の中でコアジサイの花が咲いていました。
Geshi01_0113 Geshi01_0116 Geshi02_0116

  

  

  

    お別れは、杉の林と羊歯です。では。また。
Geshi0216 Geshi0116 Geshi0316

|

« クワイ栽培の人 | トップページ | なぜ日本人はとりあえず謝るのか »

コメント

こんばんは! 夏至を迎えて 急に暑くなりましたね。
蒸し暑さにまいります(笑)

今回も素敵な写真がたくさん。
蓮池の水面が黄金色に輝いていますね!

霧の中のコアジサイもとても綺麗です。

投稿: ゲル | 2011年6月23日 (木) 23時46分

ゲルさん、こんにちは!
毎日暑いです。夜でも30℃近くあります。
クーラーは使わず、今のうちから、暑さに耐
える訓練をしています。

写真の方は、毎回同じような写真で申し訳な
いです。かわったところにも行きたいですが、
気力がわきません。

投稿: 墓石 | 2011年6月24日 (金) 11時10分

橋本さん こんばんは。(*^_^*)

素敵な写真の数々ですね!私も蓮田を撮りたい!
と思いながら用事が多く、出れないですワ。

また宇治田原の杉林の紫陽花?を貴方の真似して
雨の日に行きたい、と思いながら用事でアウト。
いつ雨が降るやらですね、、、待ってるのですがね。
その場所も解ってないので探さなきゃ。

素敵な写真を見せて頂き、有難うございました。

投稿: T子 | 2011年6月26日 (日) 22時23分

T子さん、ご訪問ありがとうございます。
私のへたくそな写真を見ていただきありがとうございます。
さて、林道のコアジサイですが、先日、再び見に行き
ましたが、林道の作業の邪魔になるらしく、伐採されて
いました。また、新たに場所を捜さねばなりません。
ハスの方は、水面の見えるのは今のうちです。まもなく
水面が見えなくなるほど、葉が広がります。花はまだ
先ですけど。

投稿: 墓石 | 2011年6月27日 (月) 00時55分

暑中見舞い申し上げます。
暑い日が続いています。体調は如何でしょうか?
水分補給(ビールもOK?)を怠らず、体調には充分お気をつけくださいね。

清清しい作品群を拝見しました。
蓮や水草の作品には独特の世界観がありますね(^^)
夕日が色付けしたハルジオンのお花畑も素晴らしいと思いました♪

先生の作品には『ゆっくりと流れる風』を感じることが出来ます。不思議ですね。
決して奇をてらうことの作品からは、先生の温厚さや、先生の被写体に対する温かい眼差しが垣間見えて、私を穏やかな気分にさせてくれるんです。これも摩訶不思議(笑)

お住まい周辺には自然が溢れていて羨ましい限りです。
お花畑の端に腰掛け、一日中陽が落ちるまでぼんやり地平線を眺めていたい杏でした(笑)

投稿: 中山杏 | 2011年7月 7日 (木) 22時10分

杏さん、暑中見舞いありがとうございます。

近所をウロウロして、適当に撮った写真なので
申し訳ないです。ありきたりだと思います。
一枚一枚に、もっとドラマを込めたいものです。
杏さんの写真を見習います。難しいですが。
  では。また。お邪魔します。

投稿: 墓石 | 2011年7月 7日 (木) 22時31分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/522242/52016259

この記事へのトラックバック一覧です: 二十四節気「夏至」2011:

« クワイ栽培の人 | トップページ | なぜ日本人はとりあえず謝るのか »