« 山城地蔵院桜 | トップページ | 定期診察の日(34) »

2011年4月 8日 (金)

二十四節気「清明」

 4月5日は、二十四節気の一つ「清明」です。万物がすがすがしく明るく美しいころです。 昨年の清明をスタートに、この二十四節気のコーナーを書き始めて一年が経ちました。時の流れは早いものです。一周しましたが、しばらくこのコーナーは続けます。

 さて、京都府南部では、この日をはさんで晴天が続きました。木津川土手の桜も急速に開花を始めました。
 近鉄寺田踏切の桜。富野荘の水路の桜。富野桜堤。
Seimei016 Seimei01_015 Seimei017

  

  

  
   夕方、自転車で土手を散歩しました。孫と三人乗りをしている人を見かけました。夕方は、犬の散歩の人は多いです。
Seimei036 Seimei026 Seimei027

  

  

  
    4日、宇治田原町の高尾というところに撮影に行きました。ここは、さんしゅゆの黄色い花が盛りを迎えていました。
Seimei0128 Seimei044 Seimei014

  

  

 
 
     花桃。      木蓮。       斜光で輝く山の斜面です。
Seimei024 Seimei034 Seimei054

  

  

  
    三月の終わりの日、明日香村に菜の花を求めて行ってみました。稲淵の棚田の方には、菜の花はあまり咲いていませんでした。明日香川の上に懸かる、雄綱と呼ばれる怪しげなしめ縄を撮りました。男性のシンボルだそうです。石舞台古墳の脇の丘では、菜の花が満開でした。
Seimei0131_2 Seimei0231_2 Seimei0331_2
  

  

    

   お別れは、木津川土手の大榎です。芽吹きはまだです。では。また。
Seimei01_017 Seimei015

|

« 山城地蔵院桜 | トップページ | 定期診察の日(34) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/522242/51332731

この記事へのトラックバック一覧です: 二十四節気「清明」:

« 山城地蔵院桜 | トップページ | 定期診察の日(34) »