« 木津川土手の桜 | トップページ | しゃくなげ渓見学 »

2011年4月25日 (月)

二十四節気「穀雨」

 四月二十日は二十四節気の一つ「穀雨」でした。この頃、日本列島を低気圧と高気圧が交互に通り抜けていきます。周期的に雨が降る季節です。この雨が植物の生長に大きな役目を果たしてくれます。「穀雨」とは、農作業の重要な節目の日です。
 私の住む城陽市は、寺田芋と呼ばれるサツマイモの名産地です。木津川が土砂を運んでできた、「荒州」と呼ばれる砂地地帯で栽培されています。青木昆陽と同時代の嶋利平という人が栽培法を伝えたそうです。この寺田の芋畑も、この時期に植え付けの準備が始まります。畑の畝に黒いビニールシートか掛けられています。このシートにより、土が暖められ遅霜対策になります。また、雑草よけにもなります。この後、間もなく植え付けが行われます。木津川土手に沈む夕陽に、シートが赤く輝く光景は壮観です。
Kokuu01_0621 Kokuu02_0121 Kokuu01_0124

  

  

  
     この時期、桜の花も散り、川の土手はカラシナの黄色い花で覆われます。カラシナを求め自転車で走りました。城陽市内を流れる「古川」という川の土手が黄色く染まっていました。水鳥の子供が泳いでいました。
Kokuu01_0121 Kokuu01_0221 Kokuu01_0321

  

  

  

     「流れ橋」のカラシナです。
Kokuu01_0421Kokuu0124_2Kokuu0224

  

  

  
    いつの間にか、国道一号線の赤い橋を越えて、八幡の京阪木津川鉄橋まで来てしまいました。
Kokuu0121 Kokuu01_0521 Kokuu0221

  

  

  
    雨の日、宇治田原町の高尾へ行きました。ここはまだ、霧の中、花桃や山桜が満開でした。少し高いので、季節が遅れているようです。では。また。
Kokuu0122 Kokuu0322 Kokuu0222

|

« 木津川土手の桜 | トップページ | しゃくなげ渓見学 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/522242/51489921

この記事へのトラックバック一覧です: 二十四節気「穀雨」:

« 木津川土手の桜 | トップページ | しゃくなげ渓見学 »