« 二月堂修二会見学 | トップページ | 二十四節気「春分」 »

2011年3月18日 (金)

定期診察の日(33)

今日は、KS病院で定期的診察を受けてきました。
 JRの駅に向かう途中で、小学生と思われる一団を見かけました。服装がやたら派手で、AKBのようなミニスカートの子もいました。そうだ。今日は小学校の卒業式だと思い当たりました。最近は、いや、かなり前から、小学校の卒業式は、服装が派手になっているように思います。

 さて、検査の結果ですが、血小板数は80万/μl台から、一気に10万も上昇して、90万/μl台になりました。投薬量を2倍にする方針が出ました。
 血中のクレアチニンがさらに上昇しました。また、血圧も155でしたが、降圧剤無しで様子をみるそうです。ぬかるんだ道を歩くような状態が続きますが、病気とはこういうものなのでしょう。
 
 ところで、ここ一週間、地震と原発の報道で、毎日、テレビに釘付けになっています。かって、京都府でも久美浜町に原発を作る計画が持ち上がり、私も原発反対の資料作りをした経験があります。「***シーベルトは、レントゲン検査の何回分にあたる」といった、電力会社の宣伝パンフレットに書いてあるような内容を、テレビでどんどん流されると、その当時を思い出して、少々苛ついてきます。早く収束してほしいものですが、まだまだ不安な日々は続きそうです。       では。また。

|

« 二月堂修二会見学 | トップページ | 二十四節気「春分」 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/522242/51154440

この記事へのトラックバック一覧です: 定期診察の日(33):

« 二月堂修二会見学 | トップページ | 二十四節気「春分」 »