« 第ニ名神城陽JT工事 | トップページ | 二十四節気「啓蟄」 »

2011年3月 1日 (火)

山の辺の道ハイキング

 先日の日曜日、山の辺の道をハイキングしてきました。以前、カニすき飲み会に集ったT中学の同僚により、「万葉歩こう会」なるものが、思いつき的に結成されました。当日は6人の参加で、山の辺の道南半分(近鉄桜井駅→柳本バス停 )を歩きました。
 コースの案内役は、Y.Y子先生でした。Y.Y子先生は、退職後、ネイチャーガイドの資格を取られ、奈良県の自然観光ガイドとして活躍されています。万葉集の解説を担当したのは、国語を教えていたS氏でした。S氏は、万葉集の熱心な研究家で、この日のために、山の辺の道に関係する歌をすべて抜き出して、プリントにして持ってきていただけました。
 天気も良く、また、二人の解説のおかげで、楽しい一日を過ごすことができました。では、その時の写真をお届けします。
 コースには、たくさんの万葉歌碑が建てられています。筆者も有名人ばかりです。すべては紹介できませんが、三つばかり掲載します。
一枚目の写真: 痛足河 河波立ちぬ巻目の 由槻が嶽に 雲居立てるらし
        作者;柿本人麿      筆者;棟方志功 
二枚目の写真: 山吹の 立ちしげみたる 山清水 酌みに行かめど 道の知らなく
        作者;高市皇子        筆者;安田靱彦
三枚目の写真: うま酒三輪の 山青丹・・・・・・・
        作者;額田王     筆者;中河興一
Yamanobe1027 Yamanobe0727 Yamanobe1427  

  

  

  

  

  梅の花が満開。すばらしい垂れ梅に出会えました。
Yamanobe0227 Yamanobe1227  Yamanobe01_0127 Yamanobe0327

  

  

  

  

 大美和の社展望台より。右が耳成山、左が畝傍山。山清水碑の水。桧原神社鳥居。
Yamanobe0527 Yamanobe0627 Yamanobe0827

  

  

  

   コースの雰囲気。
Yamanobe0927 Yamanobe1527 Yamanobe1727

  

  

  

   大和川。道ばたの花。3号培塚。ロウバイ。巨木の根。美女二人。 では。また。
Yamanobe0127Yamanobe1327Yamanobe1627Yamanobe1127Yamanobe0427  Yamanobe1827   

|

« 第ニ名神城陽JT工事 | トップページ | 二十四節気「啓蟄」 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/522242/51002698

この記事へのトラックバック一覧です: 山の辺の道ハイキング:

« 第ニ名神城陽JT工事 | トップページ | 二十四節気「啓蟄」 »