写真2010.1~

2010年12月20日 (月)

茶畑の霜・写真

 昨日、霜の写真を撮りに行きました。朝起きられない私にとっては、思い切った行動です。今季2度挑戦しましたが、霜は期待したほどではなく、今回3度目の挑戦でした。朝6時に起床し、慌てて顔も洗わずそのまま、宇治田原町湯屋谷の茶畑に直行しました。
 今回も、霜の状態は良いとはいえませんでしたが、なんとか撮影できました。同じサークルのT氏も来ておられました。T氏の話によると、最近は、霜の降りる回数も減り、また、雪のように真っ白になるのは、年に数回ということのようです。では。また。
Chabsimo_00119 Chabsimo_00319_2 Chabsimo_00419






Chabsimo_00219 Chabsimo_00619 Chabsimo_00719






Chabsimo_001_0117 Chabsimo_00117 Chabsimo_00217






Chabsimo_005_0119 Chabsimo_004_0119 Chabsimo_001_0119






Chabsimo_00519 Chabsimo_003_0119

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年12月15日 (水)

初めて写真を教える

 かっての職場の同僚Tg氏より、写真の指南を依頼されました。私はデジタルカメラで写真を写すようになって、まだ一年も経っていないので、人様にものを教えるような立場にはないのですが、無謀にも承諾してしまいました。先日は、RAW現像や画像処理の仕方について、あやふやな知識で説明してきました。そして、いよいよ今度は、一緒に写真撮影へ出かけることになりました。Tg氏の奥さんも写真を趣味としていて、写真教室に数年間かよっておられるので、3人で出かけてきました。その時の写真です。

 当日はかなりの雨。「雨でも必ず被写体はある。」などと偉そうなことを言ってしまいました。最初の撮影は、宇治田原町禅定寺の残り柿。
  柿のアップは、黒い枝がうるさく成りやすいので注意、バックのぼけの入り方にも気をつけるなどと、自分にもできないようなことをいろいろ説明してしまいました。
Gikkens_00113_2 Gikkens_00213_2  Gikkens_00313_2

  

 

   
Gikkens_00613_2 Gikkens_00413_2 Gikkens_00513_2

 

 

 

  
  
 次は、宇治田原町湯屋谷の茶畑。
Gikkens_00713Gikkens_00813 

 

 

  
  最後は、宇治田原町高尾の残り柿と霧。今年は、残り柿はほとんどありませんでした。  いつもは人に教えてもらう立場ですが、今回、教える立場を経験しました。あらためて、自分はなにも理解できていないことを痛感しました。 では。また。
Gikkens_00913 Gikkens_01013 Gikkens_01313 Gikkens_01213 Gikkens_01113

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2010年11月28日 (日)

東福寺紅葉

 先日、病院の帰りに東福寺の紅葉見物に行ってきました。病院の食堂で昼食をとり、徒歩で10分ほどで到着です。平日だというのにすごい人出でした。
 去年に続き二度目の見学す。去年と同じ写真ではつまらないと、新しいアングルを開拓してみました。一枚目、塀に張りついて影を取り入れました。二枚目、ローアングルで落ち葉を紅葉のバックに抜きました。たくさんの人が見ている中、地面に張りつくのは大変。三枚目、人物を積極的に入れてみました。都合良く人波がとぎれた瞬間、女子高生が通りました。
Toufukuji_00126 Toufukuji_00826 Toufukuji_00726  

 

 

  
 桜が咲いていました。紅葉の落ち葉。紅葉をアップで。
Toufukuji_00226 Toufukuji_00326 Toufukuji_00526  

 

 

 
 境内を順路に従って一周しました。曇ってきたので一時間ほどで引き上げました。紅葉には、やっぱり雨か光が必要です。では。また。
Toufukuji_00426 Toufukuji_00926 Toufukuji_01026Toufukuji_00626

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2010年11月13日 (土)

おふさ観音バラ園見学

 先日、奈良県橿原市にある「おふさ観音」に行ってきました。なんの信仰心もありませんが、多数のバラ咲いているという情報を得て行ってみました。数百本のバラが整然と咲いていました。
 正面入り口です。駐車料、入園料ともに無料です。中はバラのトンネル状態。脇見をしていると、顔に当たりそう。本堂を前に一枚。
Ofusak_008 Ofusak_005 Ofusak_001  

 

 

  
  空を入れた一枚。祈る女性を入れた一枚。屋根を取り入れた一枚。
Ofusak_002 Ofusak_003 Ofusak_004  

 

 

  

 緑に包まれた絵馬。親子亀のいる池。では。また。
Ofusak_007Ofusak_006 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年10月13日 (水)

亀岡のコスモス

 10月11日、退職教員仲間のT氏とTg氏と私の三人で、亀岡運動公園の傍にあるコスモス園に行ってきました。計画は、元数学教師らしくすべてに緻密なTg氏が立てました。
 車中の主な話題は、退職して農業に取り組んでいるTg氏の農業体験です。農業に素人である私などは、種を蒔いておけば、かってに植物は育つと思っていましたが、どうもそうではないようです。農業は、土作り、肥料作り、水の確保など、様々な技術と工夫の集積したもののようです。しかも、農家は、ノウハウを秘密にしているようです。テレビの「趣味の園芸」などは、コスト面からまったく参考にならないようです。
 さて、亀岡のコスモス園ですが、連休ということもあって大渋滞でした。入園料も600円でしたが、800万本のコスモスは良かったです。
 まず入り口には、朝顔のトンネル。少し高い台から見た全景。
Cosumos_00112 Cosumos_00312 Cosumos_00812

  

  

  
    コスモスの中で撮した写真です。  では。また。
Cosumos_00512Cosumos_00612Cosumos_00912   Cosumos_00212 Cosumos_00712 Cosumos_00412

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2010年9月28日 (火)

初めての伊勢参り

 先日、退職教員仲間のT氏、Tg氏、S氏と共に、4人で「お伊勢参り」に行ってきました。信仰心などとは無縁の4人組です。私にとっては初めてです。
 「お伊勢参り」は「おかげまいり」とも言われ、江戸時代では一生に一度の大旅行。日本人に生まれたおかげ、生かさせていただく有り難さを伊勢神宮に感謝する“おかげ”のお参りです。実際には、農民の移動に規制があった江戸時代に旅をするにはそれなりの理由が必要で、その口実として伊勢神宮参詣という名目が使われるようになったということのようです。
 最初は、外宮を見学。ではなく、お参り。次はおかげ横町へ。おかげ横町は、古い建物が残っていて、なかなか魅力的な所です。名物伊勢うどんの昼食を食べました。
0039ise 0023ise 0016ise 0037ise 0017ise 0013ise_2
 

 

  

  

  

  
 昼食後は内宮の参拝。境内には綺麗な川が流れています。川で魚を捕ろうとしている不届きもの発見。樹齢が数百年の巨木が多数。S氏が木に耳を当てて、「水が流れる音がする」と叫んだので、だまされた人が、次々と木に耳を当てていました。おかげで、面白いスナップが撮れました。
0053ise 0055ise 0062ise

  

  

  

  

 この後、伊勢志摩スカイラインをドライブ。0080ise 展望台から見た対岸は、知多半島。あまりの近さに驚きました。この日は鳥羽市内の旅館で、風呂と酒。
 二日目は、パールロードへ。S氏の趣味は万葉集で、車中、万葉集を聞きながらのドライブでした。ここで一首。
  ~伊勢の海の 沖つ白波 花にもが 包みて妹が 家づとにせむ~
 鳥羽一郎の「兄弟船」の歌碑がある鳥羽展望台。四角い形の安乗崎灯台などを見学。安乗崎灯台は、佐田啓二・高峰秀子主演の映画「喜びも悲しみも幾歳月」の舞台です。4人とも高峯秀子が思い出せず、「あれだ、あの女優だ」と必死に思い出そうとしていましたが、無理でした。記憶力は年齢と共に・・・です。では。また。
0096ise 0132ise 0127ise

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年7月17日 (土)

祇園祭巡行初見物

 今日は、祇園祭の山鉾巡行を、初めて見物に行ってきました。宵山や宵宵山には行ったことがあるのですが、巡行は初めてです。地下鉄に乗りましたが、京都駅から通勤ラッシュなみの混雑状態に。もうこの辺から気分はかなり後ろ向き。
 梅雨も明け、地上は猛暑。四条通を河原町方面に歩きましたが、途中混雑で歩くこともできない箇所もありました。河原町四条で辻回しを見ようとしましたが、人垣で見えず、やむを得ず、河原町御池交差点へ。しかし、ここもすごい人出。肩越しにやっと様子は分かりましたが、頭が邪魔で、写真は無理でした。汗で全身びしょ濡れ、かなり疲れました。そんなわけで、写真はあまり撮れていませんが、一応、数枚載せておきます。では。また。K0086gionm717 K0112gionm717 K0114gionm717 K0022gionm717 K0095gionm717 K0036gionm717 K0125gionm717 K0071gionm717 0k094gionm717_3  

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2010年6月25日 (金)

デジタルかフィルムか?

 以前、写真雑誌などで、「写真を撮るには、デジタルが良いのか、フィルムが良いのか?」といった特集が組まれることがよくありました。私はフィルムは派で、フィルム9:デジタル1という割合で撮影していました。
 しかし、最近、状況は変化してきました。少し前、いつも行く近所の写真屋で、フジカラーの純正プリント現像所は近畿圏からすべて撤収したため、静岡まで送らなければならないことを聞かされました。仕上がってくるまで1週間かかるということでした。純正ではない現像所はまだ生き残っているので、直ぐに困ると言うことはありませんが。また、写真サークルのフィルム派の人が、最近プリントの状態が悪くなってきたとよく言っています。コスト削減のために、品質が落ちているのではと疑っていました。裏表逆さにプリントされたとも言っていました。
 というわけで、写真の善し悪しではなく、経済的・社会的要因により、「デジタルかフィルムか?」の論争は、終結したように思われます。私もデジタル写真への移行を決意し、モニターキャリブレーターなども購入し、パソコンで画像処理を始め2ヶ月が経ちました。そして、ついに今月のフィルム消費量が0本になりました。まだまだ分からないことが多く悪戦苦闘中です。・・・(この続きは、一定の成果出た後の次の機会に。) では。また。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2010年6月15日 (火)

宇治川光景

 先日、宇治川天ヶ瀬ダム湖の上流へブラリと出かけました。そこで、不思議な光景に出会いました。曾束南大橋の上から見ると、川面を無数の花粉のような細かい粒が、逆光に輝きながら帯のように流れていました。風が吹くたびに水面が波立ち、その乱反射で、様々な光の模様を描き出すのです。かなりの枚数シャッターを切りましたが、この時の感動を伝えるには、どれも不十分な写真しか撮れませんでした。申し訳ないですが。
 撮影しながら、なぜか、学生時代、物理学科の同級生、Y君を思い出していました。この頃は、Y君や仲間と一緒に社会問題や哲学や人生についてよく議論していました。Y君は熱心なクリスチャンで、神の存在をいつも主張していました。これに真っ向から否定的意見を言うのは、マルクスを信奉していたS君でした。「君は神の存在を証明できるのか?」S君のせりふです。「神の存在を証明できないが、目覚めて窓の外を見たとき、朝の光の中に神を感じた。その時、すべてが理解できた。」とY君が答えていました。S君が直ちに、「そういうのを、鰯の頭も信心からと言うんだ。」と言い返していました。物理や数学の勉強そっちのけで、いつ果てるともしれない議論をよくしていました。
 今、Y君が、この場面に居合わせたら、きっと「神を感じる。」と言いそうな気がします。そして、S君が、「お前は物理科の学生のくせに、乱反射も知らんのか。」とやり返しているような気がします。Y君が見た朝の光とはどのような光だったのか、若くして亡くなったY君には、確かめようもありません。今となっては、遙かに遠い思い出です。
 この日は、数時間、この光のドラマ求め、思い出にひたりながら宇治川沿いを撮影しました。その日の写真です。R082ujig64b R010ujig64 R100ujig64b R147ujigl65 R008ujig64 R117ujigl65

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2010年5月 8日 (土)

春の妙高高原撮影会(追加)

5月3日は撮影会最終日。午前中に終了です。早朝、希望者だけで近くの唐松林やブナの雑木林で撮影。朝日に光るコケ。朝食の後、「苗名の滝」へ。駐車場から歩いて15分と書いてありましたが、観光客は多く、かつ道は細く、しかも雪解け水でドロドロ。滝までの道で写した歪んだ木。したたり落ちる水。滝は迫力ある大きな滝でした。イワナ釣りの人もいました。30322myoukou2 30089myoukou3 30084myoukou3 3095myoukou3 30032myoukou3 30066myoukou3

 

 

 

 最後は、おまけに花の写真です。
 主催者の方々。誘っていただいたHさんと運転していただいた息子さん。何かと写真指導をして頂いたT師匠。ありがとうございました。では。また。0222myoukou1 0235myoukou1 30262myoukou2 30267myoukou2 0267myoukou1 30277myoukou_01

| | コメント (2) | トラックバック (0)