« 亀岡のコスモス | トップページ | 定期診察の日(28) »

2010年10月23日 (土)

二十四節気「霜降」

 10月23日は、二十四節気の「霜降」にあたります。寒さが加わり露が霜に変わる候です。しかし、今年はまだ暖かく、霜はまだまだです。北海道などの北国では、初冠雪の報道も聞こえてきます。冬に向かって季節は進んでいます。
 10月3~8日は、七十二候の「水初涸」(水はじめてかる)です。田んぼの水が涸れて、稲が実る頃です。黄金色に実った、木津川土手下の田んぼです。案山子も立っています。この時期、アキアカネも交尾状態で多数飛んでいます。このあと産卵し、卵で越冬するようです。
0027jouyou107 0023kakasi107 0030ine1018

  

  

   
    木津川土手下の田んぼでは、稲刈りが盛んに行われていました。23日時点で、稲刈りは、ほぼ終了しました。
0047ine1018 0116dote1017 0142dote1017

 

 

  
    稲刈りの済んだ田んぼに藁地蔵が整列しています。実に秋らしい光景です。野焼きの煙にも、なぜか惹かれます。
0135dote1017_2 0028ine1018 0008doteine1020

 

 

  
    木津川土手では、桜の葉が紅く色づき始めました。ススキも花をつけました。ここで、万葉集より一首。 ~人皆は 萩を秋と言ふよし 我れは尾花が末を 秋とは言はむ~
私も同感です。風に揺らぐススキは、秋の侘びしさにはピッタリです。ちなみに、今の時期のハギは、種がつき、日の光に豆が透けて見えてきれいです。
0076dote1017 0094susuk1018 0010sanp1013

 

 

 

    
   
   散歩道で撮した写真。冬に向かって群れをなすムクドリ。チカラシバ。コスモス。
0093dote1017 0090shiba1018 0096dote1017

 

 

  
    先日、隣町の宇治田原町に行ってきました。柿が赤く実り、撮影には良い時期となってきました。 では。また。
0142kaki1018 0122kaki1018 0100susuk1018

|

« 亀岡のコスモス | トップページ | 定期診察の日(28) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/522242/49825277

この記事へのトラックバック一覧です: 二十四節気「霜降」:

« 亀岡のコスモス | トップページ | 定期診察の日(28) »