« 二十四節気「小暑」 | トップページ | 蛇蔵・海野凪子著「日本人の知らない日本語」 »

2010年7月10日 (土)

定期診察の日(24)

 昨日は、KS病院での定期診察の日でした。朝、JRの駅を降りたとたん、雨に降られ、かなり走りました。血液検査の後、11時前に診察が始まりました。
 診察結果ですが、血小板値は85万に上昇しました。主治医は、「一応、85万を目安にしているので、抗ガン剤を再開しますか?」と言いました。「・・・しますか?」と疑問形で言われたので、私は、薬には消極的な返答をしました。すると主治医は、「急ぐこともないので、もう後一回、様子をみましょう。」と、あっさり薬の再開は延期になりました。ただし、「手や足がしびれたり、その他の症状があったら直ぐに再開した方がいいですよ。」という条件付きです。血小板が多いと毛細血管が詰まりやすくなって、痺れるような感覚がでることがあるそうです。今回も薬再開は延期になりました。しかし、実は、10日以上も前から、足が、チクチクと針を刺すような、痺れるような感覚が続いていました。また、パソコンのマウスを持っていると、手のひらが痺れたような感じになります。結局、このことは口に出さずに終わってしまいました。話しの流れというか、薬を拒否する気持ちからというか、なんとなくそうなってしまいました。
 まったくの素人考えですが、以前は血小板が150万を超えていた時期もあり、まだまだ大丈夫だと思います。チクチク感は気持ち悪いですが・・・。 では。また。

|

« 二十四節気「小暑」 | トップページ | 蛇蔵・海野凪子著「日本人の知らない日本語」 »

コメント

血小板値、なんとか下降しますように!

自分も先日、会社の帰りにゲリラ豪雨に合いました。
最寄り駅からの帰り道、道路が深さ10cmくらいの
水たまりになっていて濡れながら帰ってきました。

風景散歩「晴れた日に」「梅雨の頃」
拝見させて頂きました。
宇治田原の林道、その他、素晴らしい作品ばかりです。

投稿: | 2010年7月10日 (土) 15時03分

 ありがとうございます。

 関東方面も豪雨で大変だったようですね。
テレビで被害を見ました。

 

投稿: 墓石 | 2010年7月10日 (土) 17時19分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/522242/48841670

この記事へのトラックバック一覧です: 定期診察の日(24):

« 二十四節気「小暑」 | トップページ | 蛇蔵・海野凪子著「日本人の知らない日本語」 »