« 3年7組クラス会 | トップページ | 近江八幡葦原 »

2010年3月19日 (金)

定期診察の日(20)

 今日はKS病院で、定期的な診察を受けてきました。診察の結果です。

 血小板の数は、問題の80万を目前に、増加は横ばいです。従って、抗ガン剤の再開は、今回は逃れました。主治医の説明では、医師によっては100万を目安にしている人もいるが、自分としては80万を目安にしている、100万は多すぎる、ということでした。
 心配な骨髄の繊維化については、骨髄の繊維化が進めば、脾臓や肝臓の肥大化が進み、血液の成分構成も異常な動きを示すそうです。しかし、脾臓の肥大化も急激には進んでいなくて、また、血液像も安定しているので、今のところ危機的な状況ではないということでした。 「危機的ではない。」 医師の説明は、いつも、患者には微妙です。
  今後の病気の進行については、人によりいろいろな場合があるが、加齢により、確実にリスクは大きくなっていくとのことです。血栓症には引き続き注意が必要とのことでした。

 帰り道、きれいな服を着た小学生を見かけました。今日は、小学校の卒業式だったようです。  では。また。

|

« 3年7組クラス会 | トップページ | 近江八幡葦原 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/522242/47853553

この記事へのトラックバック一覧です: 定期診察の日(20):

« 3年7組クラス会 | トップページ | 近江八幡葦原 »