« 2009年9月 | トップページ | 2009年11月 »

2009年10月

2009年10月30日 (金)

定期的診察の日(15)

 今日は、KS病院での定期診察の日。ここ2~3週間、毎日のように微熱が続き、めまい、少し運動しただけで息切れ、などを感じていました。すぐに病院へ行こうかと思う日もあったので、今日は、待ちに待った診察でした。

 診察の結果は、血小板値は60万台で、薬を服用しているにもかかわらず、前回より1万ばかり上昇しました。逆に、白血球数は大幅に減少しました。最近の体調について報告すると、主治医は、抗ガン剤の副作用を疑い、しばらく薬を中断することになりました。血小板値が80万を超えるあたりまで、様子を見るそうです。次の診察は4週間後です。

 帰りの電車の中では、今後のことをぼんやりと考えていました。・・・・薬を中断すれば、当然、数値は上昇いていく。まもなく抗ガン剤の再開ということになる。この病気に使用できる抗ガン剤は、種類も限られており、この薬を止めるわけにはいかない。とすると、この先に待っているのは、抗ガン剤の副作用との格闘と言うことになるな! やがて、薬が使用できなくなるか、他の血球とのバランスがとれなくなるか、白血病などの他の2次的ガンに移行していくか。「後5年生きる」という当初の予定が、だんだんと現実味を帯びてきているな~。・・・・などと。 体調が悪いと、心も弱気です。では。また。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年10月28日 (水)

姫路城見学

 昨日、退職教員仲間のT氏とTG氏の3人で、姫路城を見学に行ってきました。T氏は退職後民間会社に再就職、TG氏は父親の遺産として引き継いだ畑で、農業を楽しんでいます。車中での話題の中心は、TG氏の農業との格闘体験談、T氏の民間会社での職場体験談など、公務員時代には体験できない、実に有意義な話でした。

 さて、世界遺産姫路城に行くのは、私にとって初めてのことです。城の前に大きな駐車場があり、そこに車を入れると、もう目の前に姫路城がせまっています。城の前の通りはかなりの観光客。外国人、修学旅行生も多数。大手門前には、ボランティアの門番。門を入った広場にもかなりの人。179himejijo 278himejijo 310himejijo

 

 

 

 天守をアップでとらえるとなかなかの迫力。見学は、まずは西の丸から。西の丸の生活を復元した人形。西の丸を出て、ひたすら天守を目指します。415himejijo 538nishimaru 644himejijo

 

 

 

 天守へ向かう途中に見えた天守群。天守の中(2階?)。天守の最上部から西の方角を見る。755himejijo 866 967

 

 

 

 さすがに姫路城は広いです。かなり疲れましたが、十分楽しめました。なお、瓦の葺き替え工事が始まっていて、やがて天守閣が見えなくなるとのこと。行くなら今のうちに。では。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年10月21日 (水)

オリオン座流星群

 昨日の深夜。オリオン座流星群が見られるとテレビで宣伝していたので、見に行ってきました。近くで暗そうな場所といえば、木津川の土手。11時から12時まで粘ってみましたが、見えたのは、たった2個。木津川の土手はもっと暗いと思っていましたが、結構明るく、おまけに薄雲が出てきて、さらにバイクで走り回る若者見もいたりで、条件が悪かったです。ちょっと残念。  では。また。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年10月17日 (土)

映画「私は貝になりたい」をみる

 先日、中居正広主演、映画「私は貝になりたい」を見ました。妻がレンタルのDVDを借りてきて、誘われたので、渋々最後まで見てしまいました。結論から先に言うと、この映画は、あまりお薦めではありません。

   当時、巣鴨プリズンの中では、日本が行った戦争犯罪に正面から向き合い、戦犯裁判を批判しつつも、日本の侵略戦争と残虐行為の真の責任者を追求し、二度と戦争はしないという壮絶な思想的営みが行われていました。そうした中で、「壁あつき部屋ー巣鴨BC級戦犯の人生記」」、「あれから七年」などの手記集が編集されました。
 「私は貝になりたい」という言葉は、B・C級戦犯として死刑判決を受け、巣鴨プリズンに投獄されていた加藤哲太郎氏が、戦争手記集「あれから七年」に投稿した「狂える戦犯死刑囚」の中に、赤木曹長の遺書として出てくる言葉です。この加藤氏の一連の手記などを原案にして、この映画は作られました。
  
   しかし、映画では、捕虜となった米軍機の搭乗員を処刑するよう命令を受けた二等兵が、臆病でためらいながら、ただ傷つけただけなのに死刑にされたという筋書き。「罪もない二等兵が戦争と戦犯裁判の犠牲となり~・・・・。」という同情を買う筋書に書き換えられています。ストーリー全体としても、夫を献身的に支える妻の愛情物語となっています。これでは、「巣鴨プリズンでの思想的営み」「侵略戦争への反省」が弱すぎます。この映画に対する「戦犯裁判について、ステロタイプ化されたイメージを作るのに利用された」という批判も、当然のことだと思われます。この映画、お薦めできません。

  なお、加藤哲太郎著「私は貝になりたい」は、春秋社から出ています。加藤氏の「侵略戦争により戦犯が生み出された。戦争だから戦争の要求に従って行動したという自己弁護は成り立たない。」という言葉は強烈です。一人一人が自立した市民となることが、戦争への反省である、というメッセージとして受け取れます。憲法9条の改定が公然と叫ばれる今、もう一度、加藤氏の言葉に耳を傾けることは意味のあることだと思います。では。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2009年10月16日 (金)

藤原京跡のコスモス

 昨日は良い天気で、奈良県藤原京跡にコスモスを見に行ってきました。初めて行く場所でしたが、いつもの調子で、ろくに下調べもせずブラリと出かけました。道路地図を見ればすぐ見つかると思っていました。目的の橿原市付近で道路地図を開いたところ、私の地図には、藤原京が出ていないことが判明。かなりウロウロしてようやく到達しました。

 藤原京跡の広大な敷地にコスモスが揺れていました。次の写真は、香具山方面を向いて、コスモス中心で1枚、雲も取り入れてもう1枚、少し離れての広角の1枚です。H0011fujiwaweb H0016fujiwweb H0064fujiwweb  

 

 

 

 次の写真1枚目は、画面奥に見えるのが耳成山、2枚目の奥に見えるのは畝傍山です。3枚目は、望遠で見た畝傍山です。藤原京は、大和三山に囲まれた地点にあります。H0038fujiwweb H0058fujiwweb H0095fujiwweb  

  

 

 

 

 カメラをしまい帰り始めたところ、近くの小学校から下校を促す校内放送が聞こえました。コスモスの道を下校する小学生の列、これは写真になると、勝手に予想。急いでコスモス畑に舞い戻り待機。しかし、通ったのは列ではなく、3人でした。赤いランドセルが印象的でした。結構楽しめた半日でした。H0086fujiwweb H0090fujiwweb

 

 では。また。

 

  

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年10月12日 (月)

大柳生のコスモス

 今日は良い天気に誘われ、奈良方面にコスモスを探しに出かけました。まずは、奈良の入り口にある般若寺を目指しました。しかし、あまりにも人が多そうな気配に恐れをなして、予定変更。奈良市内は渋滞しそうなので、人の少ない大柳生へ向かいました。

 大柳生到着。コスモスは咲いてはいましたが、手入れされていないためか、雑草の方が勝っていました。ただで見せてもらっているので文句は言えないですが。半日、のんびりと過ごしました。G0103cosmo G0045cosmo G0049cosmo

 

 

 

 コスモス畑をアップすると雑草の中にコスモスが。大柳生は、トンボが多いです。G0100cosmo G0026cosmo G0084cosmo

 

 

 

 

  では。また。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年10月 8日 (木)

木津川「流れ橋」流失

 昨夜、台風18号が通過していきました。風の音で、時々目が覚めました。朝になり風も弱まったところで、家の周囲を点検しましたが、幸い被害はありませんでした。バイクカバーも、紐で縛っていたため大丈夫でした。

 昼近くになり、突然、木津川の流れ橋(上津屋橋)のことが気になり始めました。橋は大丈夫だったのでしょうか? 流れ橋(上津屋橋)は、私にとって、写真の大事な被写体であり、いつもの散歩のコースでもあります。急いで見に行ってきました。見事に流されていました。流されるように作られているとは言え、実に残念。おそらく、復旧は来年の5・6月頃になるのでは? しばらくのお別れです。F039nagaeh F036nagareh

 

 

 

 近くのゲートボール場も中州も水没。木だけが見えます。F029nagareh F042nagareh

早期の復旧をお願いします。

では。また。 

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2009年10月 3日 (土)

木津川サイクリングロード9月

 9月の木津川サイクリングロードです。9月に入り良い天気が続き、心地よい風が稲の穂を揺らし、空には秋らしい雲が流れていきます。Eimg065inekaz E0033aoso913 E0034aoso911

 

 

 

 夕方になると、赤く雲が染まります。遠く比叡の山の上にも広がっています。E0015yso910 E0021yso910 E0037yso

 

 

 

 夏の間、厚かましく蔓を伸ばしていたクズに、花が咲きました。萩(?)の花も咲いています。エノコログサには逆光がよく似合います。E0008kuz913 E0004hagi913 Eimg066enokor

 

 

 

 9月も終わりになると、いよいよ稲刈りも本格化します。黒く見えているのは、黒米でしょうか? 花にシジミチョウが一匹。 ますます秋は深まっていきます。E0075inek101 E0045ine101 E0039chou101  では。また。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年10月 2日 (金)

定期的診察の日(14)

 今日は、KS病院での定期診察の日でした。あいにくと朝から雨で、傘をさして出かけました。今日は、なぜか比較的待ち時間は少なかったです。採血の看護師さんは、かって担任した生徒の保護者のMさんでした。たくさん窓口があるにもかかわらず、偶然が3度続きました。笑っておられました。

 さて、診察の結果ですが、抗ガン剤を服用しているにもかかわらず、血小板の数値は、11万も急上昇し、再び60万を超えました。「これは、悪い兆候ですか?」の質問に、主治医は、「様子を見ましょう。」という答えでした。何か、答えになっているようないないような、便利な言葉です。体への負担を考えると、投薬量はできるだけ少なくしたいそうで、薬の増量は無しで、今のままの量でいくそうです。80万を超えたあたりで考えるそうです。骨髄の繊維化の進行状態について質問しようと思っていましたが、忘れていました。最近、物忘れがひどいです。  では。また。 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2009年9月 | トップページ | 2009年11月 »