« 2009年6月 | トップページ | 2009年8月 »

2009年7月

2009年7月27日 (月)

木津川サイクリングロード7月

 木津川サイクリングロードの7月の様子です。私は、相変わらずママチャリで運動のため走っています。梅雨はまだ明けず、雷雨が続いています。データ放送の気象レーダー画面とと降水予報画像を確認して、2時間ほど走ります。予報はかなり正確で、いまだ雨に降られたことはありません。さて、6月の木津川土手は、草刈りのため土が見えているところも多かったのですが、季節が進むにつれ、再び緑が復活してきています。田んぼでは、稲も成長し緑の絨毯と言ったところです。手前に見えるのは、栗の木です。G0054sroad_3  G0009sroad G0048sroad

 

 

 

 7月に入ると湿地にはハスも生長してきました。最近では、ハス畑のハスは、花をつけてきています。G0060sroad G0013sroad G0014sroad

 

 

 

 土手の草むらには、蝶も飛んでいました。田んぼの上を渡っていく風も涼しげです。G0065sroad G0087sroad G0036sroad

 

 

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2009年7月23日 (木)

城陽市双頭の蓮その後

 城陽市観音堂花の小径に咲いていた双頭のハスは、20日には終わりを迎えました。21日には、完全に花びらは散っていました。わずか3日間ほどで、開花の時期は終了しました。花の命は短いものです。つぼみの時からも入れると、もう少し長いですが・・。私は、運動も兼ねて、自転車でよく観察に行っていました。では、なごりを惜しんで、一週間の全変化を写真でどうぞ。D017soutouhasweb F023hasweb F0012soutuhasweb F025hasweb F059hasweb

ある蓮田を耕作している人から聞いたところによると、城陽市の蓮田では、8月に入ると花の収穫が始まるそうです。つぼみの状態で刈り取り、冷蔵庫で保存、お盆の頃の出荷に備えるそうです。開花している花を撮影するなら、7月中が良いとのことでした。   では。また。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年7月19日 (日)

城陽市双頭のハス開花

 城陽市観音堂花の小径で、相当めずらしい双頭のハスがついに開花しました。昨日の朝から開花していたものと思われます。昨日の午後通りかかったときは、すでに閉じていました。(写真①) 今日は、朝早く出かけ、開花したところを撮影しました。(写真②と③)F022kizhasweb F0137soutouhasweb F0012soutuhasweb

 

 

 

 

 

 双頭のハスは、明日の朝が最後だと思われます。花の命は短いです。下の写真は、ついでに撮った写真です。朝は、たくさんの蜜蜂がきています。     では。また。F045kizhasweb F0138soutouhweb F0102soutouhweb

 

 

 

 

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2009年7月16日 (木)

祇園祭宵宵宵山見物

 先日、14日。退職教員仲間のT氏とTG氏の三人で、祇園祭り宵宵宵山を見物に行ってきました。祇園祭を見物に行ったというべきか、ビールを飲んでお喋りをしに行ったと言うべきか微妙ですが。

 お喋りの中心的話題は「生き甲斐」です。残された人生をどのように生きるか。学生時代、よく友人と激論をしたものです。しかし、仕事に就いてからは、ほとんど話題にしたこともなかったのですが・・・・。今ここにきて、やはり、第二の人生に苦悩しているからなのでしょうか・・・?。何歳になっても迷いは続きます。穏やかな老後というものが、本当にあるんでしょうかネ。

 さて、写真の方は、たいした目的もなく、闇雲にシャッターを切ったものです。E026gionweb E030gionweb_2 E075gionweb_3

 

 

 

E088gionweb_2 E091gionweb_2 E102gion_2

 

    

  

   どこに、どんな鉾があるのかサッパリ? ただウロウロ。E060gionweb_2 E081gion_3 E082gionweb_2 E083gion_2 E084gionweb_2 E086gionweb

 

 

  

   チャンスがあれば、今度は計画的に撮影します。では。また。

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年7月14日 (火)

城陽市双頭のハス

城陽市観音堂、花の小径のハス畑に、双頭のハスが咲いています。今日、発見しました。私は初めて見ました。「発見した」というのは、チョット不正確で、正しくは「教えてもらった」です。昨日も、そのハス畑に行きましたが、気がつきませんでした。今日、NPOの人に言われて、初めて気がつきました。その人の話によると、双頭のハスは、そうとうめずらしいそうです。今はまだつぼみの段階ですが、開花は20日前後とのことです。D002soutouhasweb D018soutouhasweb D017soutouhasweb

  

  

  

  

 この場所で第五回観蓮会が開かれるそうです。場所=城陽市観音堂花の小径。JR長池駅下車10分。日時=7月20日(月)。時間=午前8時~10時。先着250名に蓮の茶や蓮の実入りおにぎりなどがプレゼント。主催=NPO法人フラワースペース花しょうぶ・環・農・土資源保全組合。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2009年7月10日 (金)

定期的診察の日(11)

 今日は、KS病院での定期的な診察日でした。8時20分、梅雨の曇り空の中、JRで病院に向かいました。駅を出ると、天気予報通り雨に降られました。最近は、気象レーダー画面をいつも見ています。これにより、かなり雨の状況が予想できます。

 血液検査の後、診察まで2時間待ちで診察が始まりました。結果、血小板の数値は、60万台に増加しました。当然、投薬量も今までと同量が続きます。いつ終わるとも分からない薬生活が続きます。「いつ終わるとも分からない」ではなく、一生続くと分かっているんですが・・・・・・。まあ、薬が使えている間は良しと思わねば。しばらく消えていた、足の先がビリビリする感覚が、最近復活してきました。やはり、このビリビリ感は、血小板が増えてきたときの感覚だと思われます。60万を超えたあたりから出てくるのでは?

 あまり代わり映えのしない報告ですが、この辺で。では。また。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年7月 4日 (土)

底引き漁からイカ釣り漁へ

 先日、ブラリと故郷の丹後半島に帰ってきました。4月に帰ったときは、まだ底引き漁の時期でしたが、今回は、イカ釣り漁が始まっていました。底引き漁からイカ釣り漁への変化を写真で紹介します。

 私の故郷「間人」では、9月から5月までは、底引き漁の漁期です。カレイ、ハタハタ、ズワイガニなどが獲れます。「間人ガニ」は超高級ブランドです。底引き漁は、トロールではなく、手繰り網漁です。古くは「もや引き網」と言ったそうです。間人で、底引き漁の船のことを「もや」と呼んでいるのは、その名残のようです。4月に撮影に行ったときは、底引き漁の最終盤で、網の補修、競り市の様子、カレイ・ハタハタの天日干しの様子などを撮影できました。最近は、電気乾燥になっているため、天日干しを見かけることはほとんどありません。運良く撮影することができました。Dtaiza021web Dtaiza059web Dtaiza101web Dtaiza120web Dtaiza014web D014taizakweb

  

 

 

 今回、6月に、帰ったときには、底引き網は港に乾されるか、港の片隅に片付けられていました。港には、集魚灯をつけたイカ釣り船が並んでいました。D073taizakweb D004taizakweb D013taizakweb

  

 

 

 

 

 夕方になると、イカ釣り船が出漁していきます。夕陽が沈むと、海には点々と漁り火が浮かび上がってきます。夜の海は、幻想的でいいものです。漁をしている人は大変だと思いますが。D063taizakweb Dscb042web D085taizaweb

 

 

 

 今回の撮影では、夜のトビウオ漁の漁り火を撮影することができました。漁り火に寄ってくるトビウオを、網ですくい取る漁法です。初めて知りました。今回、初めての体験だったので撮影は失敗でしたが、また挑戦します。Dscb093bphweb

 トビウオ漁は、7月の初旬で終わるそうです。

 近々、出かけるつもりです。

 では。また。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2009年6月 | トップページ | 2009年8月 »