« 2008年11月 | トップページ | 2009年1月 »

2008年12月

2008年12月26日 (金)

定期的診察の日(3)

 今日はKS病院での定期的診察の日でした。今日はいつもより遅めに病院へ行きました。遅く行った方が、結果的に待ち時間は少ないかも知れないと考えたからです。しかし、結果は同じでした。遅く行けば、遅く行った分の時間が、拡大されて遅くなると分かりました。結局、家に帰り着いたのは1時でした。かなり過剰な人数の診察をしているのだと思います。

 さて、診察の結果ですが、血小板の数値は60万と横ばいで、引き続き同量の薬を続けるとのことでした。今日は、人間ドックでの検査結果も診てもらいました。便潜血の結果が(-)だったので、左脇腹の違和感について、大腸の内視鏡検査などは考えなくて良いということでした。眼底に出血点が見られるので、すぐに眼科で診てもらった方がよいとのことでした。私は、「糖尿病」も患っているので糖尿病性のものだろうということでした。血糖値は良く管理しているつもりですがと言うと、「網膜症は、血糖値が低くても、なる時はなる」と言われました。又一つ、病気の課題が増えました。

 「血小板増多症・骨髄線維症」、「糖尿病」、「前立腺肥大症」「網膜症」「胆嚢結石・ポリープ」・・・・。病気の標本のような体になってきました。近々、眼科を受診します。

| | コメント (6) | トラックバック (0)

2008年12月21日 (日)

6年ぶりの再会

 6年前担任をしていたクラスのクラス会が開かれ、出席してきました。私の最後の勤務校であるK中学の3年8組のクラスです。21歳。大学生なら3回生になる学年です。

 6年間で、彼らはどのように成長しているのか、顔が判別できるのか、不安と期待で一杯でした。待ち合わせ場所の京阪四条駅で落ち合うと、一人一人顔を見ながら、心の中で名前を確認しました。全員、心の中で名前を言うことができました。6年も経ってしまったと言うべきか、6年しか経っていないと言うべきか、男子は少しおっさんらしくなり、女子は若く、美しく輝いていました。(私は、いつも女子に甘いと言われていました。)

 しゃぶしゃぶ食べ放題の店で、時間制限2時間。6年前にタイムスリップしたような、夢のようなひととき。想い出が、次々と頭の中を駆けめぐっていきました。私は、指導力のある教師でもなく、生徒に親切でもなく、ものを頼みに来た生徒に「ジャークサイ!」、「コドモハキライダ!」などと、あるまじき暴言を言っていたような教師なのに、こうしてクラスの一員として同席できたことを心から感謝しました。(しかし、中心となって会を準備をしてくれた人に、お礼の一言も言わないまま終わってしまいました。社会性のない私らしいと言えば私らしい。許されているのでしょうか?・・・)

 世界同時不況、就職氷河期という時代になってきました。この青年たちは、その波の直撃を受けることになりそうな気配です。しかし、この青年たちなら力強く生きていくと思います。 

 02yosegaki_2 寄せ書き                            24classkaiweb_3

参加者の皆さんへ。

これ以外の写真も数枚あります。希望がありましたらメールで請求してください。

 

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2008年12月15日 (月)

落ち葉の背割り堤

 墓石さんのホームページに、「落ち葉の頃」を掲載しました。左のリンク集「墓石さんのホームページ」→「風景散歩」→「今月の組写真」と進むと見られます。

 木津川、宇治川、桂川の三川が合流するポイントにある背割り堤は、延々と続く桜並木として有名です。しかし、紅葉の頃は人も少なく、平日であれば、無料駐車場に楽々駐車できます。お薦めポイントです。①の写真のように東側斜面に光が当たるのは、午後2時までです。②と③は夕日の頃の西側斜面です。

 Sc948     ①        Sc951    ②            Sc949

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年12月11日 (木)

霧の写真

 昨日の明け方。目を覚ますと、外はものすごい霧が発生中でした。幻想的な霧の写真を撮影しようと、顔も洗わず、パジャマの上から服を着て飛び出しました。宇治川を目指していったところ、宇治川の天ヶ瀬ダム周辺では、霧はほとんど発生していませんでした。この後、宇治田原方面にも行きましたが、結局、感動的場面に出会うこともなく、10時頃に霧も収まり引き上げてきました。あまりウロウロせず、木津川流れ橋などで、じっくり待った方が良かったのではないかと、少し後悔しています。

 下の写真は、この時、高尾で写したものです。紅葉や柿が残っています。成功とは言えませんが、まあまあかと思います。

 A0011web             A0013web              A0015web             A0029web              A0050web_3                          A0052web_3              A0067web_3       A0063web_2

              

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年12月10日 (水)

初冬の高尾

 組写真「初冬の高尾」をホームページに掲載しました。左サイドバーのリンク集「墓石さんのホームページ」より、「風景散歩」→「今月の組写真」へ入ると見られます。

 冬を迎える柿の木やすすきたちの表情です。朝霧、夕日。実や葉を落としていく柿の木などです。

 宇治田原町高尾は、宇治川沿いの山の中腹にあります。眼下に宇治川や京都市内を望むことができます。柿の木、すすきなど被写体には困りません。私は、年中撮影に行っています。弘法大師が掘ったという名水の井戸もあります。

 Sc942             Sc944              Sc940      

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年12月 8日 (月)

宇治川紅葉写真

 宇治川紅葉写真フィルム版をホームページに掲載しました。左のリンク集「墓石さんのホームページ」より、風景散歩の項目へ入ると見られます。

 フィルムで撮った写真は、いちいちスキャナーで取り込み、少々画像調節をしなければならないので手間が掛かります。スキャナーが悪いせいか、取り込んだ写真の画質も今一です。フィルムは不便です。しかし、プリントするなら、やっぱりフィルムですよ。

 Sc938             Sc166web              Sc928web

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2008年12月 1日 (月)

宇治川紅葉

 昨日、宇治川の紅葉を撮影に行きました。宇治川の紅葉は、今が最盛期。2時間ほどウロウロしてきました。ほとんどの写真は、フィルムカメラで撮影しましたので、近々、ホームページの方に掲載する予定です。この記事の写真は、デジタルで撮影したものです。デジタルカメラは便利ですね。しかし、私はフィルムにこだわっています。

 Ujigawaky20             Ujigawaky23              Ujigawaky26             Ujigawaky47                   Ujigawaky32_2              Ujigawaky31_2

| | コメント (2) | トラックバック (0)

« 2008年11月 | トップページ | 2009年1月 »