« 後、5年の計画 | トップページ | コスモス・すすき »

2008年10月 8日 (水)

医者と患者の壁

 私は、「血小板増多症・骨髄線維症」という難病以外にも、「糖尿病」「前立腺肥大症」「椎間板ヘルニア」などの病気持ちで、今まで医者のお世話になる機会も多かったのです。その中で、医者と患者の間には大きな壁があることを感じてきました。その壁について少し書いてみたいと思います。

 医者と患者の立場は、基本的違いがあります。患者にとって自分の命は唯一のものであり、それがすべてです。しかし、医者にとって患者の命は、多くの命の中の一つにすぎないということです。このことから、医者は客観的であり冷静です。一方、患者は本質的に自己中心的であり感情的なのです。医者と患者の間には、立場の違いにより、相対立する心理的壁が生まれていると思います。

 患者の心には、不安や不信、疑念といった感情が起こりやすく、医者の冷静な態度が冷酷と映ったりするのです。医者は、この辺の患者の心理を十分に理解していない場合もあると思います。

 私の例を一つあげます。以前、K病院で治療を受けていた頃、耳鳴りがひどいことを主治医に訴えたところ、他の病院の耳鼻科を紹介されました。早速、その病院の耳鼻科で診察を受けました。その時の医者の言葉。「・・・・耳鳴りにつける薬は無い。・・・」でした。この言葉を聞き、しばらく茫然としました。病院の帰り道、市の図書館に寄り、「耳鳴り」について何冊かの本で調べてみました。その結果、「耳鳴り」というのは、実にやっかいな症状であることを知りました。まさに、この医者が言ったように、「つける薬は無い」というのは正解でした。医者としては、分かり易く端的な表現だったのでしょう。しかし、医者の客観的な態度は、時として患者には冷酷に映るものなのです。

 やはり、医者と患者の壁を埋めるには、十分な時間をかけた丁寧な診察が基本だと思います。今の日本の医療事情では無理だとは思いますが。

|

« 後、5年の計画 | トップページ | コスモス・すすき »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/522242/42729572

この記事へのトラックバック一覧です: 医者と患者の壁:

« 後、5年の計画 | トップページ | コスモス・すすき »