2018年6月23日 (土)

眼科診察・レーザー治療

 昨日の午後、眼科でレーザー治療を受けてきました。
朝から最悪の体調で、体が異常にダルイです。午後からの診察でしたので、
何とか病院へたどり着けました。

 レーザーの治療は、以前にも経験があるので軽く考えていましたが、
今回はちょっと違いました。
最初のうちは、レーザーを発射する回数を数えていましたが、もの凄い数
だったので、途中で諦めました。

 医師は、「出血量が半端でなかった」と、言い訳のように独り言を言っていました。 一発ごとに、ジュッ! という振動と音が聞こえました。
これは、前回にはなかったことです。
終わったあと、「 ジュッ!という音が聞こえました。」と私が言うと、
医師は、「そうでしたね。」と、何だかいたわりにかける言葉でした。

 家に帰り着いた後は、ただひたすら寝ました。
 来週は、血液内科の診察です。
 何となく嫌な予感がしています。 では。また。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2018年6月18日 (月)

定期診察(157)・地震で大変

 今日は、KS病院血液内科の定期診察でした。
いつの間にか青あざが出来ていたり、微妙に発熱したり、体が怠かったりで、ちょっと嫌な予感がする病院行きでした。

 【地震で大変】
 朝、JR奈良線で病院へ向かいました。六地蔵を出てしばらく経ったところで、地震のため緊急停止。その内に動き出すに違いないと楽観して、居眠り状態に。しかし、1時間経っても、止まったままです。その内、トイレに行きたくなり、列車に閉じこめられているという危機感が高まりました。幸い、列車は微速前進で、稲荷駅のホームに到着。ここで、電車を降りて駅のトイレへ。列車に戻るべきか、駅を出て歩くか迷いましたが、病院まであと1駅だったので、歩くことを選択。30分ほど、トボトボと歩いて病院にたどり着きました。貧血の身には辛かったです。
行き倒れという言葉が頭をよぎりました。 ホント!

 帰りも大変。タクシーを予約しようにも、病院の予約電話機は、通話不能。
偶然通りかかった個人タクシーに乗車できましたが、道路は大渋滞。
2時間近くかかってやっと家にたどり着きました。
 家の中もけっこう大変。古いスチールの本棚が崩れて、本が散乱していました。
写真の額が落下して、ガラスが割れ、写真額2つが犠牲になりました。
 さんざんな一日でした。

 【診察結果】
 診察結果もちょっと大変。

★ 血小板が、ついに3万/μLに減少しました。
 私:「これは何を示しているのですか?」
 医師:「繊維化が進行しているということです。」
  「この状態だとジャカビは使用できません。」
  「年齢のこともあり、骨髄移植はリスクが高いです……。」
  「白血病化のリスクも高いです。」
  「来週また、診察します。別の角度からの白血病の検査を入れます。」

★Hb=7.7 輸血無し。 白血球数は、前回から倍増9000/μL。
 LDH=1100 CRPも上がりました。

  来週、また診察があります。 今週は眼科のレーザー治療が残っています。
   では。また。

| | コメント (8) | トラックバック (0)

2018年6月15日 (金)

神様が書いた4つの詩・感想

Kamisama_01 先日、ふとしたことがきっかけで、「神様が書いた4つの詩」(星加 海・絵、おかのきんや・編集 きこ書房)を読みました。紹介と感想を書かせていただきます。
 
 この本は、世界で愛されているにもかかわらず、作者のよく分からない4つの詩に、画家の 星加 海 さんが絵をつけたもので、詩集のような絵本のような本です。
 「神様の配慮」、「時間銀行」、「手紙~愛する子どもたちへ~」、「虹の橋」の4つの詩で構成されています。

 とりあえず、まず最初の詩を書き出してみます。

  ~♪ 「神様の配慮」
大きなことを成し遂げるために、
力を与えてほしいと、神様に求めた。
だが、謙虚さを学ぶようにと、弱さを授かった。

より偉大なことができるようにと、
健康を求めた。
だが、より良きことができるようにと、
病弱を与えられた。

幸せになりたいと、富を求めた。
だが、賢明であるようにと、
貧困を授かった。

世の人々の賞賛を得ようと、成功を求めた。
だが、得意にならぬようにと、
失敗を与えられた。

人生を楽しみたいと、
あらゆるものを求めた。
だが、あらゆることを喜べるようにと、
質素な生活を与えられた。

求めたものは、
何一つとして与えられなかった。

だが、「人生の意味を味わいたい」
「悔いのない生き方をしたい」
という私の願いは、
すべて聞き届けられていた。

私は、今、気付いた。
私の人生は、
あらゆる人の中で、
もっとも豊かに、
祝福されていたのだ。 ♪~

   *********
 アメリカ南北戦争の無名戦士が書いたとされるこの詩は、自分の人生は挫折と失敗だと嘆く人に、逆転の発想で、自己肯定感を与えてくれるかもしれない詩ですね。

 私は血液の難病に罹り、もうそんなに長くは生きられない身です。
長かったような短かったような自分の人生を、漢字で表せと言われれば、
「愚直」、「朴訥」、「不器用」といったところでしょうか。
自分の人生を振り返ると、何か苦しかったことばかりが思い出されます。
 体調の悪い日が続くと落ち込んで、自分に残された人生の最後の課題は、「上手に死ぬことだ」と考えたりします。
 
 しかし、「上手に死ぬ」とは、どんな死に方なのでしょうね。
今のところ、私にはよく分からないです。いろいろ考えていますが……。
人は一度しか死ねないですから、やり直しは出来ないです。

  さて、上の詩は、「上手に死ぬ」ということに対しても、一つの答えを提示しているように思われます。
 「弱さも人生の失敗も、あるがままの自分を受け入れ、自分自身を許し、自分を受け入れ生かしてくれた、この世界のすべてに感謝しながら死ぬ…。」
こんな感じでしょうか。
安らかな死、感謝に満ちた死、又は祈りに満ちた死ですね。 

 怨みや憎しみ、不安にまみれて死ぬよりは、安らかに最後を迎えたいものですね。
人間の遺伝子には、「安らかな死」というプログラムが、あらかじめ組み込まれているような気がします。最近、特にそう思います。
 しかし、このプログラムの発動はなかなか難しそうですね。

 暇に任せていろいろ考えていますが、こんな生活は、ちょっと心の健康には、良くないのかもしれないですね。  では。また。 
  この本、お薦めします。    

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2018年6月12日 (火)

眼科の診察・視力の回復なし

 今日は眼科の診察でした。

★最近の目の状況をまとめると…
 ・白目が赤くなる結膜下の出血は治まりました。
 ・見える像の歪みは、少し改善したようです。
 ・左目ではスマホの文字が読めないです。
 ・左目では、視力検査表の一番上の巨大文字が見えないです。

★診察結果です。

①黄斑のむくみは少し改善しています。

②そもそも、今やっている治療は、これ以上の悪化を防ぐための治療で、今後も視力の回復は期待できないです。

③これからも、さらなる悪化を防ぐため、様子を診ながら3ヶ月に一度くらい、眼球へのステロイド注射をすることになるでしょう。

④出血の原因となっている血管を、数回に分けてレーザーで焼く必要があります。
放置すると、出血しやすい新生血管が出来て、さらなる出血が起こります。

⑤来週にレーザー治療の第1回目をやります。
自己負担分で5万円くらいかかりますので、用意して来てください。

 冷静にまとめると以上のような内容です。

「視力の回復はない」、「数ヶ月に一度の眼球への注射」……。
ウーン! 若い頃なら、こんな言葉を聞けば暗い気持ちになったと思いますが、何だか普通に冷静です。まだ、右目が見えているから、深刻さが無いのでしょうね。
カメラ、パソコン、読書は、ちょっと控えめ生活が続きます。
では、来週はレーザー治療です。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2018年6月 9日 (土)

二十四節気「芒種」2018

 6月6日は、二十四節気の「芒種」でした。
暦便覧によれば、「芒(のぎ)ある穀類、稼種する時也」です。
稲などの芒のある作物の種を植えるころです。
近畿・東海地方は、6日に梅雨入りが発表され、一日中大雨となりました。

 二十四節気の節目に、いつも撮影に出かけることを自らに課していましたが、眼底の出血により、左目が見えにくくなりました。画像処理が大変です。目が疲れて、涙目になります。霧の中で作業している感じになります。
撮影も、動くと直ぐ息切れしてきます。体も微妙に怠いです。
 したがって、二十四節気「芒種」はお休みします。

お休みしますと言った後で、未練がましいですが、3枚だけアップしておきます。

木津川土手の周囲に広がる田んぼでは、田植えの作業が進みました。
土手の上では、白い茅花の穂が風に揺れています。
おそらく、手伝いに来たお孫さんでしょうか、赤い帽子の少女がいます。
この少女はこれから先、どんな人生を歩んでいくんでしょうね。
白い茅花は揺れながら言っています。「何も分かりません」と…。

 では、今節はこれだけです。

Boushu201801Boushu201802Boushu201803


| | コメント (2) | トラックバック (0)

2018年6月 4日 (月)

定期診察(156)・白目がまっ赤

 今日はKS病院血液内科の定期診察でした。

 【最近の症状です。】
☆発熱と骨・関節の痛みがだんだん酷くなってきています。
 ロキソニン2錠では、カバーしきれない時間帯が出てきました。

☆目の調子は、ステロイドの注射でも改善せず、見えにくい状態が続いています。
 結膜下の出血が酷く、白目がまっ赤です。 …ものすごく心配!

 【診察の結果です】
★ヘモグロビンは、Hb=8.1。 久々の8超え。ジャカビ休薬の効果?
血小板は逆に、さらに減少。5万/μl台に突入。 ウーン。

★体の中の炎症を示すCRPは、正常値近くまで減少♪
LDHは高いままの1000。
ALPも高い値のままです。

★もう少し数値が安定してきたら、ジャカビを再開するとのことでした。

★白目がまっ赤に充血していることについては、血小板が減少して、出血しやすくなっていることと関係があると思われるが、その内、必ず引いていくということです。
来週の眼科の診察で診てもらうという方向で、良いということでした。

  帰りの電車は、奈良へ向かうと思われる修学旅行生と一緒でした。 満員!
何か、まじめそうな子が多い学校でした。直ぐ近くに立っていた女生徒たちが、浮気について議論していました。興味津々で聞いていました。
 来週は眼科の診察です。
目の調子が悪いので、引きこもり生活が続きます。

| | コメント (8) | トラックバック (0)

2018年6月 2日 (土)

二十四節気「小満」・土手の花たち

 二十四節気「小満」の後半です。
木津川土手に咲いている花たちを中心に訪ねます。

  近年、木津川土手では、新参者の帰化植物・セイヨウヒキヨモギが大増殖して、今の時期の土手の風景が、大きく変わりつつあります。
 1970年代に日本に上陸してきたそうです。なかなか美しい侵入者です。

Shoumanhana102Shoumanhana101_01Shoumanhana101  

 

 

 

  ナヨクサフジ。これもヨ-ロッパ原産の帰化植物です。牧草用として持ち込まれたようですが、日本にもうすっかり定着しています。
 私が写真を写していると、茶畑に向かうと思われる三人組の人が、「紫の綺麗な花♪。誰がタネを播いたんでしょう?」と、話ながら通り過ぎていきました。
 ヒメジョオンに蝶がきています。この花も鉄道草と呼ばれる帰化植物。
長い旅路の果てにたどり着きました。

~♪ はつ夏の風に吹かれて ヒメジョオン 旅路の果てに 今 咲きにけり ♪~

Shoumanhana201_01Shoumanhana201_02Shoumanhana201_03  

 

 

 

  ウツボグサがうす紫の美しい花をつけています。
ウツボといえば、ウミヘビを連想して印象が悪いですが、武士が弓矢を入れる靫(うつぼ)という篭だそうです。ウミヘビとは関係ないようです。
漢方の重要な薬草だそうで、利尿、消炎作用があるらしいです。
 コバンソウも、今の時期です。ほんとにミニ小判みたいです。

Shoumanhana301Shoumanhana302Shoumanhana303  

 

 

 

 

  ノビルに花が咲きました。線香花火のような花ですね。ノビルは、「むかご」をつくって殖えるので、花は必ず見られるわけではないです。
クスダマツメクサも、まだまだ咲いています。
難除性雑草、嫌われ者のワルナスビも花をつけました。全身鋭いトゲだらけ。

Shoumanhana402Shoumanhana401Shoumanhana403  

 

 

 

  カラスムギに換わって、土手に勢力を張っているのがネズミムギ。
白いのは茅花。背後の山は比叡山。
カラスムギは、もうタネを飛ばして白い抜け殻に。

Shoumanhana501Shoumanhana501_01Shoumanhana501_02  

 

 

 

 

  ヤマボウシは、まだ咲いています。
栗の木に白い花が咲き出しました。栗の花が咲くと、間もなく梅雨入りです。
「栗花落」と書いて、「つゆり」と読むそうです。
梅雨の雨とともに栗の花は終わります。

Shoumanhana601_01Shoumanhana601Shoumanhana602  

 

 

 

  田植えの作業も本格化してきました。
桜の木には、サクランボが実っています。
誰も見向きもせず、鳥の餌になっています。

~♪ 実桜は 見向きもされず 風の中 ♪~

 では、この辺で。 次回の「二十四節気・夏至」は、撮影に出かけられそうもないので、お休みします。…たぶん。

Shoumanhana703Shoumanhana701Shoumanhana702


| | コメント (2) | トラックバック (0)

2018年5月31日 (木)

二十四節気「小満」・茅花のうた

 5月21日は、二十四節気の「小満」でした。
暦便覧によれば、「万物盈満(えいまん)すれば草木枝葉繁る」です。

 体調の不良で、おまけに目の調子が悪いため、撮影も画像処理も手間取りました。
画像処理では、目が疲れて涙目になりピントが合っているかいないか、良く判断できません。作業も一日あたり1時間程度です。下手な写真がもっと下手に?

 では、この「小満」の時期、木津川土手ではどんな風景が見られたのでしょう。
紹介していきます。

 河川敷に広がる茶畑で、茶摘みが始まりました。
茶摘みの方の自転車やバイクが、たくさん並んでいます。
この黒いシートの下で、茶摘みがおこなわれているのです。
夕方、作業が終わると、茶摘みの人がシートの下から現れ、帰路についていきます。

Tubana101Tubana102Tubana101_01  

 

 

 

  この時期の土手で目立つのは、白い茅花(つばな)です。
五月の風に吹かれて、白い波のように揺れています。
この世の無常観、漂泊感を感じます。 私だけ?

Tubana201Tubana201_01Tubana202  

 

 

 

  茅花は、チガヤの果穂です。チガヤは、サトウキビの仲間です。
甘みがあり、江戸時代の甘味料でした。
邪気を祓うと信じられていて、茅の輪くぐりの行事に使われます。
端午の節句に食べる「ちまき」も、昔は茅萱(チガヤ)の葉を使っていたため、「茅巻き」と呼ばれるようになったとか。

Tubana301Tubana301_01Tubana301_02  

 

 

 

  土手に白い茅花の穂が揺れる頃、田植えの作業が進んでいきます。
茅花の種子を吹き払う湿った南風を、「茅花流し」と呼びます。
茅花が風に種子を飛ばす頃、梅雨の時期に入っていきます。

Tubana401Tubana401_01Tubana401_02  

 

 

 

  風に揺れる茅花を見ながら、詩を作ってみました。

~♪ 「茅花のうた」

田植えの準備が忙しくなる頃
土手には白い茅花が
五月の風に揺れている
風に抗うことなく
吹かれるがままに揺れている

信念を持たないという非難に耐え
茅花は遙かな時代を
風を友に 揺れながら生きてきた
茅花はいつも風と仲良しだ

かってボブディランは歌っていた
「答えは風に吹かれている」と
茅花はいつも歌っている
「風の中には何もありません」と

茅花は揺れながらなおも歌う
「答えは人々の中にある
 人々のつながりや
 心の中にある」と

茅花流しの風に
人々が答えを見つけられず
湿った雨の季節が始まる頃
茅花の白い穂先から
無数の種子が飛び去ってゆく  ♪~

 五月の空は青く澄んで、雲雀が鳴いています。
青い空と風に揺れる白い茅花。正に「小満」の頃です。

Tubana501_03Tubana501Tubana501_01  

 

 

 

  土手も場所により、勢力を張っている植物が違います。
この柵のある斜面では、アカツメグサが広がっています。
草滑りを楽しむ親子がいました。

Tubana601Tubana602Tubana603  

 

 

 

  巨大な熊蜂(?)が、蜜を求めて飛んでいます。
熊蜂は、蜜や花粉を集めて暮らすおとなしい蜂で、スズメバチのような攻撃性は無いそうです。不気味な見かけから誤解されているようです。 私と同じ?
 (次回に続きます。)

Tubana702Tubana701

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2018年5月30日 (水)

眼科の診察・眼帯をはずしに

 今日も眼科で診察を受けてきました。
眼帯をはずして、目の状態をチェックしました。
副作用で眼圧が上がっていないか検査しました。

眼帯を取っても、見え方はかえって悪いです。
景色が黄色っぽく見えます。

特に問題はないので、そのうち薬が効いてくるかも知れない、
という話でした。あまり期待できないような言い方だったので、
私も期待せずに待ちます。
目が赤く充血しているが、その内引いてくるので心配ないということです。

感染症の危険があるので、目薬を忘れずに、と言われました。
2週間後に、再び診察するということです。
これからも、目の疲れる生活が続きます。
    では。また。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年5月29日 (火)

眼科診察・眼球への注射

 今日は、KS病院の眼科で診察を受けてきました。
眼球へステロイド系の薬剤を注射するというので、不安の塊になって病院へ行きました。
 眼球へ針を刺した時、目を動かしたらどうなるのだろうとか、瞬きしたらどうなるのだろうとか、いろいろ不安が山積みでした。 (性格が心配症?)

 ★網膜の断面の写真を撮りました。
断面の写真が撮れるとは不思議ですが、光の干渉を利用しているそうです。
最初の診察の時に比べ、かなり黄斑のむくみは進行しているとのことです。

 ★注射は局所麻酔で、あっけなく、あっという間に終わりました。
器具がはめられていたので、瞬きはできないです。
なぜか、眼球もほとんど動かないです。
むしろ、体を動かさないことを要求されました。

 ★現在は、眼帯をしているので片目です。
何事も実にやりにくいです。距離感がとれないです。
あ~~、目が疲れます。

 ★今後のことをまとめました。
①明日の診察で、眼帯をはずします。
②薬の効果は徐々にしか現れないそうです。(月単位)
③効果が出ても、再発するので継続治療が必要ということです。
④効果が出れば、次の段階でレーザー治療などを考えたいということです。

 ★この注射の効果が出なかった場合は、大学病院に紹介状を書くそうです。
   では、また明日。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2018年5月21日 (月)

定期診察(155)・輸血、眼科診察

 今日はKS病院血液内科の定期診察でした。

 【さて、最近の症状ですが…。】
☆今節は、何とも言えない体のだるさに苦しみました。横になりたい衝動!!

☆目の調子も悪かったので、読書とパソコンは控えめにして、
音楽聞くか、寝ている日々。

 【診察の結果です】
★ヘモグロビンは、Hb=7.0。 輸血決定。
血小板は、前回と同じで6万/μlから少し減少。
ジャカビを休薬しているにもかかわらず、値の改善は無し。

★体の中の炎症を示すCRPも高いまま。
LDHも過去最高の1200。
ALPも過去最高値のまま。
 辛い体の状態が続きます。

 【10回目の輸血】
 今日の中央処置室は、超多忙な感じ。冗談も言わず無口。 人手不足?
輸血の針がうまく入っていなかったため、腕が膨らんできて、針の場所を
刺し替えるトラブル。 ウーン。

 【眼科の臨時診察】
 今日は眼科の臨時の診察もありました。
眼底写真、網膜の断面写真などの検査をして、新たな出血や変化が無いか確認しました。黄斑のむくみを取るための注射は、来週に決まりました。
 一般的に、一度壊死した網膜の細胞は復活することはないので、視力の回復は難しいだろうということでした。この注射も効くかどうかも分からないということです。
右の目も、出血しない保証は、何もないそうです。
 何だか、目の状況も厳しそうです。

 今日は、二十四節気の「小満」ですが、写真の撮影は諦めて、これからしばらくは、写真、読書、パソコンなどから離れて、のんびり生活に入ります。
今までものんびり生活でしたが、より一層……。
  では。また。

| | コメント (8) | トラックバック (0)

2018年5月17日 (木)

二十四節気「立夏」・春から夏へ

 5月5日の「立夏」の日の木津川土手散歩、さらに続けましょう。

 季節はゆっくりと、春から夏へと移っていきます。
過ぎ去ってゆく花。咲き始める花。うつろう季節の主役は、いつも花たちです。
土手を黄色く飾るミヤコグサ。これは、どちらかというと春の花ですね。

Rikkakohan101Rikkakohan101_02Rikkakohan101_01  

 

 

 

  ニワゼキショウ。これも春の草でしょうか。
ムラサキサギゴケ。拡大すると実に美しいです。春の花ですね。

Rikkakohan201Rikkakohan201_01Rikkakohan202  

 

 

 

 

  夏を知らせる花と言えば、ノアザミです。
スコットランドの国花です。葉に棘があり、この棘にバイキングの兵士が刺され、声を上げたため、バイキングの夜襲に気付いたスコットランド軍が反撃して、勝利したと言い伝えられているそうです。
ノアザミは、棘で動物から葉を守ります。人もまた、棘を出し周囲から自分を守ろうとします。 守るべき自分とは? 難しい問いですね。
 ここで、正岡子規の句を一つ。
~♪ 世をいとふ 心 薊を 愛すかな ♪~

Rikkakohan301Rikkakohan302Rikkakohan303  

 

 

 

  今の時期、土手の最大勢力になっているのが、アカツメグサです。
シロツメグサは江戸時代、アカツメグサは明治時代に帰化したそうです。
空中窒素を固定するので、水田の肥料になります。

Rikkakohan401_01Rikkakohan401Rikkakohan402  

 

 

 

  蝶も人も、アカツメグサ、シロツメグサとは仲良しです。
四つ葉のクローバーは、幸せをもたらしてくれるそうです。
クローバーで花輪を作ったのは、いつの頃だったでしょう。遠い昔ですね。

Rikkakohan501Rikkakohan501_01Rikkakohan502  

 

 

 

  地を飾るのは、アカツメグサ。
空を飾るのは、大きく葉を広げてきた木津川土手の大榎。
白い頭巾をかぶったヤマボウシの花は、整列して初夏を知らせています。

Rikkakohan601Rikkakohan601_01Rikkakohan602  

 

 

 

  ヘラオオバコも、あちこちでまだ花をつけています。
蝶たちも恋に忙しそうです。

Rikkakohan701_01Rikkakohan702Rikkakohan701  

 

 

 

  アカツメグサに混じって、マツヨイグサ(?)が咲いています。これから、夏にかけて勢いを増していきます。
タンポポもまだまだ元気です。 一年中?
新しい帰化植物、セイヨウヒキヨモギ(?)も近年、木津川土手で勢いを増しています。触ると、蜜のようにネバネバしています。石川啄木さんのように、草むらで寝ころびたい人には不評かも?
~♪不来方の お城の草に寝ころびて 空に吸われし十五の心♪~ (啄木)
 最近は、草に寝ころぶ人も少ないですね。 ブルーシートを敷くなら坐る?
 では、このへんで。次は「小満」です。

Rikkakohan801Rikkakohan801_02Rikkakohan801_01


| | コメント (2) | トラックバック (0)

«二十四節気「立夏」・ノビルの頃